20歳の頃俳優を志し、東京へ上京。
そこで役者として自主制作映画を制作。
この時映像制作の面白さに魅かれ、28歳の頃裏方に転職。
制作会社に勤務、個人でも作品を制作する日々。
諸事情があり大阪に戻ってからも映像の仕事を続ける。
紆余曲折を経て、教育系企業の広報部で映像をメインに担当。
子供たちをサポートする為、日々「子供にとって大切な学び」とは何か、人生最初の学びとはいつの時期なのか。
こういったことを日々考えるうち、1つの結論を導き出しました。

幼児期・幼少期の親、特に母親からの愛情、これが子供にとって最初の学びであり、教育なのです。

大人になってからも学ぶことの重要性を感じてほしい、今以上に社会の課題を見つけ出し、解決へと導いてほしい。
そのためには、小さい時から「知りたい」という欲求の土台を身に付けることがとても重要なのだということに気付きました。

主な活動エリア:

立ち上げたプロジェクト

最近Stokeしたプロジェクト