閉じる
世界のアニメファンが集う『オタク国家』を創るプロジェクト

世界のアニメファンが集う『オタク国家』を創るプロジェクト

世界のアニメファンが集う『オタク国家』を創るプロジェクト

世界のアニメファンが集う『オタク国家』を創るプロジェクト

オタクコインは、アニメ・漫画・ゲームなどのカルチャーを対象にした「コミュニティ通貨」 です。オタクコインにより、ファンがオタク活動を通じてコミュニティを発展・活性化させ、世界中へオタクを広げていくこと=「オタク国家」の創出を目指しています。
otakucoin オーナー: otakucoin
世界のアニメファンが集う『オタク国家』を創る オタクコインは、アニメ・漫画・ゲームなどのカルチャーを対象にした「コミュニティ通貨」 です。オタクコインにより、ファンがオタク活動を通じてコミュニティを発展・活性化させ、世界中へオタクを広げていくことを目...

プロジェクトについて

何をやるのか

6.png

インターネットによって情報の移転がなめらかになった。
ブロックチェーンによって価値の移転もなめらかになっていく。

コミュニティ通貨「オタクコイン」は、ブロックチェーン技術により、ファンがクリエイターを直接支援することができる仕組みを作っていきます。

コンテンツ業界において、もっとダイナミックに価値移転が必要なシーンは、アニメ製作などにおける「資金調達」だと私たちは考えています。いま世界中から愛されているアニメ作品づくりのスタートは製作委員会方式を中心とした資金調達から始まっています。

2019年現在、新しくアニメを作ろうとしたら、12話で3億円くらいかかります。その作品がヒットするかどうかでいうと、10本に1本というかなりハイリスクハイリターンなモデルになっています。こうしたリスクを分散するために、取られている方法が「製作委員会方式」です。アニメ1作品に対して、10社くらいが資金を持ち寄って3億円を投資する。1社3,000万円を出し合って1作品作る、ということを行っています。

これはボラティリティの高いビジネスのリスクヘッジのためにすごくスマートなやり方ですが、ブロックチェーンを活用することで、海外の会社や世界中のファンからも資金を調達できるようになります。また、ファンは次のより良い作品を観たいと思っているので、金銭的リターンだけではない想いでアニメ作品を作っているクリエイターやスタジオを応援したいのです。

世界中にいるファン100万人から1人1万円の支援を集めたら、100億円のコンテンツファンドが組成できます。そうして集めた資金をクリエイターに直接届け、ファンが望む作品作りに繋げていく。そんな同じ価値観を持つ世界中のファンが集う「オタク国家」を創出することを本気で考え、実現していこうとしています。

なぜやるのか

10.png

人気のアニメ作品が続々と生み出される一方、製作会社が資金繰りに困窮したりクリエイターが労働に見合う対価を得られないいわゆる低賃金問題や、ようやく完成した作品の海外展開が上手くいかいといった目論見の狂いなど、アニメーションを取り巻く環境は必ずしも順調ではありません。

わたしたちは、オタクコインを通じてコンテンツ業界の流通促進やクリエイターへの支援を目指しています。そうすればこのような状態が改善でき、業界のさらなる発展に繋がると確信しています。

どうやってやるのか

11.jpeg

2019 年 4 月現在、オタクコイン協会の運営メンバーは以下のような業界におけるキャリアや事業立ち上げに精通した人々が、日々の運営においても中心的な役割を担っています。
・アニメ/漫画制作
・ゲーム制作・開発
・漫画コンテスト審査員
・Web サイト/アプリ開発
・ブロックチェーン関連知識(法律、会計、セキュリティ、システム)
・新規事業立ち上げ、株式上場、一部上場会社の経営、ファイナンス、M&A
など、様々な業種のメンバーによって構成されています。

また、一般社団法人を設立することで、より非中央集権的、より業界全体、よりコミュニティ全体に広げていくための組織や体制づくりを標榜しています。

どんな仲間とやりたいのか

9.jpeg

オタクコイン協会の一員として、コンテンツ業界を盛り上げていく仲間を募集します。業務内容は多岐にわたります。

スタートアップの勢いを感じながらコンテンツ業界に関わりたい、そこのあなた!
ぜひ、熱いパッションとともにご応募くださいませ。

【募集領域】
1, プロジェクトマネジメント(国内&海外)
オタクコイン内で進行している複数のプロジェクトの進行管理をお願いします。協会内のメンバーとコミュニケーションを取りながら、様々な業務がスケジュール内にスムーズに進行していくように密に動いて頂きます。


2, SNS運用(国内&海外)
オタクコイン協会では、国内外のファンに対して継続的に情報発信とコミュニケーションを行っています。ソーシャルメディアやWebサイトを通じてファンと直接やり取りをしながら、オタクコインの魅力をきめ細やかに時に大胆に伝えることのできる方を募集しています。
現在の運用メディア
・HP:https://otaku-coin.com/ja/
・Twitter:https://twitter.com/OtakuCoinCom
今後新たなのコミュニティツールの導入も検討しており、そうしたツール内でコミュニティ運営ができる方々もウェルカムです。


3, PR&プロモーション(国内&海外)
海外プロモーションの企画:ソーシャルメディアやWebサイトを活用した話題の拡散や認知拡大、海外に対して効果的な施策を提案 & 実行していってもらいます。2018年5月9日に秋葉原で行われたオタクコイン構想発表会では150を越えるwebメディアや新聞に取り上げられました。話題になるプロモーションを継続的に仕掛けられる方を募集しています。


4, 企画開発(国内&海外)
世の中のトレンドやファンのニーズに合わせて、オタクコイン構想が世界中に広がるための企画について考えていただきます。実際には企画だけではなく、その後のパートナーの巻き込みやアイデアの実現に必要なアクションを率先して行って頂きます。社内外の関係者と打ち合わせながら、オタクコインだからこそ実現できる新しい価値を創造してください。

*遠隔地でもコミュニケーションツールを使ってアイデアを考えていただくことは可能です。自分自身がアニメ・マンガ・ゲーム等大好きなオタクの方はぜひご応募ください。

5,エンジニアリング
トークンエコノミーに興味があり、公私問わず暗号通貨やブロックチェーン関連のプロジェクト経験がある方
ERC20、iOS / Androidアプリ開発経験がある方

<開発環境>
ÐApps
solidity / openzeppelin-solidity / truffle / geth

Mobile Apps
Swift / Kotlin

Frontend
JavaScript / HTML5 / CSS3 / React / Redux / MobX / Babel / Webpack

Backend
Nginx / Node.js / Docker / Go / Python

Hosting (AWS)
EC2 / ECS / S3 / CloudFront / Route 53 / SNS / SQS / RDS / Cloud Formation / Elastic Beanstalk / ElasticCache / KMS

Tools
GitHub / Slack / Trello / CircleCI / Sentry


●必要なスキルセットに関して
【必須(MUST)】
・アニメ、マンガ、ゲームや、キャラクターグッズなどのオタク文化が好きな方
・週に3日以上。10時-17時。3ヶ月以上稼働頂ける方
・基本的なPCスキルとクラウドサービスを使った情報管理ができる方
・海外市場やグローバルな展開に興味のある方


【歓迎(WANT)】
・長期勤務可能な方
・英語が得意な方(TOEIC ​8​50点以上歓迎)
・日本のコンテンツやカルチャーを海外に広めたいという情熱を持っている方
・海外視点でWebでのコンテンツ企画や編集、ライティングができる方

このプロジェクトに込める想い

15.png

ブロックチェーンは新しい技術ということもあり、まだまだ世間的な理解が低い領域です。私たちが愛してやまない数々の作品を作られているコンテンツに関わるクリエイターの方たちにも、ブロックチェーンの活用について、不安や疑問などが出てくる段階ですが、この技術がよりクリエイターとファンを繋げる効果的な手段であるということを私たちが率先して伝えていくための活動に邁進しています。

ときにはファンやクリエイターから「怪しい」といぶかしがられることさえある、この新しいプロジェクトですが、私たちはそんなことではめげたりはしません。
オタクコイン公式アプリを通じて、世界中の「ファンとクリエイターが直接つながる」ことを体感できる応援企画を行ったり、アニメのPVを観ることを促進する企画など、ひとつひとつの活動を通じてコミュニティ通貨「オタクコイン」がこのコンテンツ業界に必要な役割を担うことを証明していっているのです。こうした活動は時間がかかることかもしれませんが、私たちはみんなが大好きで愛してやまないオタク文化が健全な発展をする上で、ブロックチェーンは欠かせない武器だと確信しているのです。

そして近い将来、「オタクコインがあったからオタク文化がより世界に誇れるようになった」とこの業界の歴史の教科書で振り返られるような正しい活動を続けていきたいと考えています。

これまでの歩み

8.jpeg

■ 2018年5月、秋葉原にて「オタクコイン構想発表会」というイベントを開催、大反響をいただいています!
2018年5月9日に秋葉原で「オタクコイン構想発表会」を実施しました。インターネット上は話題騒然、多くのメディアで取り上げられています!この波に是非乗ってみませんか。

東京新聞 / 「オタクコイン」発行構想
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201805/CK2018051002000148.html

日本経済新聞電子版
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3025461009052018X30000

テレ朝news
http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000126872.html

GAME Watch / ファンの意思をダイレクトに反映するコミュニティ通貨「オタクコイン」構想発表会レポート
https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1120904.html

ITmedia NEWS
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1805/09/news124.html

ORICON NEWS / オタクコイン、発行時は無料配布 投票権付与して支援プロジェクトを決定
https://www.oricon.co.jp/news/2111077/full/

日経xTECH / 「オタクコイン」は無償配布の方針、準備委員会が構想を発表
http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/01151/?n_cid=nbpnxt_twcm_it

Coin7 / オタクコインがコンセプトペーパーを公開 ICOは行わずトークン無償配布
https://coin7.jp/news/otakucoin-conceptpaper/

モーニングスター
http://vc.morningstar.co.jp/000426.html

コインテレグラフ
https://jp.cointelegraph.com/news/crypto-for-otaku-will-launch-this-summer-to-support-anime-creators

これら数多くの媒体をはじめ総計100を超える様々なメディアで扱っていただき、オタクコインの注目度の高さを改めて実感しています。

よくある質問

5.png

Q. オタクコインは誰のための通貨ですか?

A. 世界中のアニメ/漫画/ゲームなどオタク系コンテンツを愛するファンと、そのクリエイターのためのコミュニティ通貨です。ファンにとっては、直接的にアニメ制作やクリエイターを支援できるようになります。日本のオタク文化を世界中にもっと広めていき、永続的にコンテンツが生み出され続ける環境を作り、コンテンツを愛するファンとクリエイター相互が盛り上げていくためのひとつの架け橋になっていくことを目指しています。

Q. 他の通貨ではだめですか?なぜオタクコインが必要なのですか?

A. 設計思想によって複数の選択肢があると考えています。現在は、新たに創設されるコミュニティ通貨=オタクコインだからこそ行える設計を前提にしたサービスを検討しています。

例えば、ブロックチェーン技術やスマートコントラクトによって、”中抜き”されないことを担保した上で、ファンが直接アニメに携わるクリエイターやスタジオのアニメ制作を支援できるような仕組みを組み込む予定です。世の中にあるそれぞれの通貨には特徴があり、盛り上げたい業界やコミュニティ、流通網によって、設計思想は異なります。

Q. オタクコインのネーミングがイマイチです。なぜオタクコインというネーミングなのですか?海外を意識していますか?

A. はい、海外ファンを意識したネーミングです。私たちがこのネーミングに込めた願いは、「オタク」という言葉を世界中でポジティブなイメージに変えたいと考えているからです。

かつて、「オタク」というキーワードは現在よりももっともっとネガティブな言葉として使われていました。そのため、アニメ/漫画/ゲームなどをしていることは人に話しづらいことであり、親や先生、友人に隠れてこそこそ楽しんだものです。

最近は、「オタク」という言葉がネガティブではなくむしろポジティブに使われることが多くなってきました。私たちは「オタク」という言葉の意味を、『好きをとことん追求でき楽しめる(こと/人)』という定義をしています。”好きなことを楽しむ”ことは、とても素敵なことです。私たちは「オタク」という言葉をもっとポジティブで良い意味として、世の中に使われていって欲しいと願っています。

また、「Otaku(オタク)」は、世界中に知られる数少ない日本語の言葉の一つですが、それがもっとポジティブな意味として世界中に伝わっていくことを望みます。そのためにも、(私たち含め)みんなで、ポジティブな意味としての「オタク」という言葉を口にする機会を増やしたいと考え、現時点ではこのネーミングにさせていただいています。

Q. オタク協会にオタクはいますか?

A. アニメ/マンガ/ゲームなど、それぞれの分野において、私たちよりもオタクであり、「好きをとことん追求」している方はたくさんいると思います。一方で、オタクコイン準備委員会の中には、10年以上前から毎クール10本以上のアニメを見続けているメンバー、学生時代にオンラインゲーム大会で日本代表となったメンバー、オンラインゲームの世界で5年以上廃人生活をしてしまったメンバー、累計数万冊の漫画を読んできているメンバー、某漫画の年間表彰の審査員を務めているメンバーなど、多種多様な人たちで構成されています。

Q. オタクコインは海外のファンも巻き込めるの?

A. これまで日本のアニメは、海外から熱狂的な支持と広い認知を得ながら、長らく海外におけるマネタイズに苦戦してきた経緯がありました。一般社団法人日本動画協会が発刊している「アニメ産業レポート2017」において、この数年における海外からのアニメ関連売上は主にネット配信による売上が伸長しておりますが、一方で、国ごとのコンテンツ産業輸出比率や海外ファンの数から比較すると、海外からのマネタイズのポテンシャルは依然として高く、また十分に発揮しきれていないと言及されています。

同一コミュニティ内で、オタクコインのような両替や為替が発生しない世界共通のコミュニティ通貨が生まれることで、より流通がスムーズになり海外マネタイズの促進がなされるでしょう。その結果として、将来においてより良い作品が数多く生み出される世界が構築できるはずです。

また、オタクコインの流通によってむしろこれまで国通貨での消費の際に発生していた決済手数料を圧縮し、その分をファンやクリエイターに還元できると考えています。

国単位ではなく、同じ価値観で形成されたコミュニティ圏内でひとつの通貨になれば、”中抜き”は最小限になり、より多くの流通が促進されます。また、手数料としてこれまでかかっていたお金を、ファンが別の作品や商品、次回作などに使えるため、アニメクリエーターやコンテンツ業界にお金が還元され、より未来の作品が生まれていく流れを作れます。また、ブロックチェーンに基づくコミュニティ通貨を利用することで、こうしたサイクルがより透明化されていくと考えています。


こちらのQ&Aで、私たちが今回の構想でお伝えたしたかったことがうまく伝わっていれば大変うれしいです。

まずは話を聞きに行ってみませんか?

プロジェクトに興味があり、まずは話を聞いてみたい場合はこちらから。
オーナーにメッセージを送ることができます。

プロジェクトに参画する

さまざまな職種

私たちと一緒に世界に誇る『オタク国家』を一緒に創りましょう!

募集人数

0 / 5

ログインして応募する