【シニア向けサービス立ち上げ】FAMEALを世界で展開するべく、情熱を持って協力していただける方を探しています!

Line LINEで送る

【シニア向けサービス立ち上げ】FAMEALを世界で展開するべく、情熱を持って協力していただける方を探しています!

FAMEALとは、《60歳以上のシニア層の方々を対象とし、お客様のご自宅で“一緒に”料理を作り、楽しい食事の“時間”を提供する》というシンプルなサービスです。
簡単なLPを制作しましたがまだ実績がありません。
これから実績作りとプラットフォーム作りを進めるべく、
一緒に協力してくれる人を探しています。
少しでも興味がある方はお気軽にご連絡頂けますと幸いです。

profile image
  • オーナー
  • y_tanaka

元気なシニア向けサービス、FAMEAL(ファミール)を立ち上げました。
フリーランスディレクターとして活動しながら
サービスの実績をつくるため、拡大するために動いています。
宜しくお願いいたします。

オーナーについて

何をやるのか

現在、4人の協力者が見つかっています。
今後、僕含めて仲間で一緒に以下を実現していきたいと考えています。
・今年中に実績を100人
・今年中にプラットフォームのフェーズ1をリリースする

なぜやるのか

東北で暮らす祖父母
私が遊びに行く度にとても喜んでくれる
あたたかい料理でもてなしてくれる
みんなでひとつのテーブルを囲って
たわいもない会話、うれしそうな祖父母の笑顔
そこには“ほっこり”とした、居心地のいい時間が流れている

――自身のこのような経験を通じて、「私が感じたあの心地のいい時間を、色々な人たちが同じように感じる機会が世の中に溢れたら、とても素敵だな」と思うようになりました。

そして、その充実した時間は身近な人とのコミュニケーションに限らず共有することができるのではないかと考え、ならば“その機会をつくっていきたい”そう思ったのが最初のきっかけです。

ご存知のように、現在の日本は超高齢化社会。
シニアシフトが進むなか、市場では福祉・介護を主軸としたビジネスが多くを占めている印象を受けます。

特に「在宅」「食事」に焦点を絞ると尚更のこと。言うまでもありませんが、介護を必要としない元気なシニア層も大勢います。そんな方へ向けた『にぎやかな食事の場、自然と笑みがこぼれる時間を提供する』というようなポジティブなサービスが数多く溢れていれば世の中がもっと活気づくのではと思い、またシニアの孤食化が今後ますます加速すると予想される現代の日本で、堅調な需要が見込めるのではと考え、このサービスの立ち上げを決意しました。

長年一人で食事をしていて物足りなさを感じている方
孫の顔を見られずに寂しいと感じている方
子どもが自立し夫婦水入らずの食事の時間に満足しているけど、
たまには新鮮な雰囲気で食卓を囲みたいと思っている方
そんな方々へ、心から喜んでもらえる“時間”をご提供したいと強く思っています。

どうやってやるのか

僕自身フリーのディレクターとして活動しながら、FAMEALを進めています。
また、メンバーも会社を経営したりしています。
タイミングを見計らってFAMEALだけに注力したいと思っていますが、もう少しはこの体制でやっていきます。

プラットフォームは僕が設計し、それをメンバーが作る予定です。
実績は、メンバーと一緒にマーケティング含む議論をしながら作っていく予定です。

どんな仲間とやりたいのか

FAMEALは日本だけでなく世界にも同時に展開できるとサービスだと考えています。
高齢化社会は日本が先進国なためです。

とにかく同じ志、高い目標を持って、一緒になってサービスを作っていける仲間とやりたいです!

このプロジェクトに込める想い

FAMEAL(ファミール)を使えば、
「寂しい時間を減らすことができる」
「たくさんお話して楽しい時間を過ごせる」
「夜ご飯をまたあの人と食べれる」
「ポジティブな気持ちになれる」

これは他のサービスやエンタテインメントと同様に、
多様な人々にとって、
必要となりえることだと考えています。

ジムに通って汗を流す元気なおじいちゃんおばあちゃん。
近所のコミュニティに入って定期的に同世代の友達と会っているおじいちゃんおばあちゃん。
日中は外に散歩に行き、夕方は家で一人で過ごすおじいちゃんおばあちゃん。

そんな時このサービスが存在していて、
好きな時に使ってもらえるように大きくしていきたいです。

『FAMEAL』のミッションは“世界中に感動を与える”
大それたことに聞こえるかもしれません。
しかし、僕は「シニア層の方々が、余生を心から楽しむための時間をつくりたい」と本気で考えています。
これこそが最大の目的であり、ビジョンです。

まずは話を聞きにいってみませんか?

プロジェクトに興味があり、まずは話を聞いてみたい場合はこちらから!
オーナーにメッセージを送ることができます。