閉じる
『私らしく生きる』 若者向けキャリア支援サービスを創る 仲間集めに挑戦中

『私らしく生きる』 若者向けキャリア支援サービスを創る

『私らしく生きる』 若者向けキャリア支援サービスを創る

『私らしく生きる』 若者向けキャリア支援サービスを創る

募集終了まで残り 46

2020年09月20日 17:10 終了予定

『私らしく生きる』をテーマに、若者向けのキャリア支援サービスを行いたいと思います。

世の中のパラダイムシフトが著しく進む昨今、若者たちはどう人生をデザインしていけばいいのか? その問いに対して、『Being』=『私らしく生きる』という視点からキャリアのヒントを深掘りしていきたいと思います。
yuukinoguchi オーナー: yuukinoguchi
起業を目指してます。 起業にかける三つの想い =「世の中の生き辛さ・理不尽に向き合う」「より多くの人の幸せと笑顔をつくる」「挑戦文化の創造」   TOKYO-DOCAN 第8期。 TSG2020に挑戦中。
オーナーについて

プロジェクトについて

何をやるのか

『私らしく生きる』という視点から、若者のキャリアデザインを支援していきたいと思います。
あくまでまだ仮説の段階なので、プロダクトの仮説から検証まで0→1ベースで一緒に取り組んで頂ける方を募集いたします。

プロダクトとして今考えているのは、
① Webメディアの作成(インタビュー記事)
② イベント企画(『私らしく生きる』を考えるためのワークやプログラム、トークイベントなど)
③ インターン・就活支援、転職支援
などです。

なぜやるのか

「日本人は幸福度が低い」「日本人は社会参画への関心がない」「日本人は自己肯定感が低い」などとよく言われます。 確かに自分の周りにも、働くことに対してネガティブなイメージを持っている人や、夢や目標がなく漠然とした毎日を過ごしている人が多くいます。

私たち一人ひとりがもっと人生を充実した、幸せなものにするためにはどうしたらいいのか?

その問いに対して出した一つの解が、『私らしく生きる』ということです。

私たち日本人は『常識』という既存の枠組みから、「学校を卒業 → 働く」「働く → 自分を偽る、我慢」などというイメージを抱いている人が少なからずいます。
その弊害として以下の課題が顕在化しているのではないかと思われます。(冒頭に前述したものと被るものもありますが)

課題① 働くことに対するネガティブなイメージ
課題② 企業と新入社員のミスマッチ
課題③ 漠然としたフラストレーションによる納得できないキャリア

一人ひとりが自分の人生に納得感を持って生きられるように。 もっと主体的に社会参画できるように。 そして夢と希望とワクワクに溢れた未来を次世代に紡いでいくために。
時代の流れが大きく変わろうとしている今だからこそ、『私らしく生きる』ということにもっと向き合うべきだと思います。

どうやってやるのか

アイデアの具体的な構築はまだこれからなので、サポートやアドバイスなどのご協力をお願いします。

基本的にはZoomを使ったオンラインを積極的に利用してコンタクトを取っていきたいと思います。必要に応じて、オフラインで会う必要性がある場合はカフェやコワーキングスペースを利用するつもりです。

どんな仲間とやりたいのか

当プロジェクトに共感して頂いた方であればお気軽にご応募下さい。

このプロジェクトに込める想い

私が起業にかける想いは、「世の中の生き辛さ・理不尽に向き合う」「より多くの人の幸せと笑顔をつくる」「挑戦文化の創造」です。

当プロジェクトを通して、若者が自分のキャリアに対してじっくり考えて、責任感を持って主体的に社会参画できるきっかけを創れたらいいなと思っています。
『私らしく生きる』人が増えることで、自分の幸せを他の人と分かち合い、それらが次々と循環し世の中がより良くなっていく。
そんな明るい未来を一緒に創りませんか?

まずは話を聞きに行ってみませんか?

ログインして話を聞いてみる

プロジェクトに興味があり、まずは話を聞いてみたい場合はこちらから。
オーナーにメッセージを送ることができます。

プロジェクトに参画する

メインサポーター

キャリア系の資格をお持ちの方、またはその分野での仕事経験のある方。アドバイスやフィードバックなどのご相談に乗って下さい。
私自身、キャリア支援自体が未経験の分野で起業の知識もまだまだ未熟ですが、是非みなさんのお力を貸して頂くと助かります。宜しくお願い致します。(*^-^*)

決定人数 / 募集人数

0 / 5

ログインして応募する