閉じる
聴覚しょうがい児に教育を届けたい! 募集終了しました

聴覚しょうがい児に教育を届けたい!

聴覚しょうがい児に教育を届けたい!

聴覚しょうがい児に教育を届けたい!

このプロジェクトは募集終了しました

2020年07月10日 16:31 終了

現在日本では、小学生から高校生まで合わせて約5000人以上聴覚しょうがい児がいます。
 ですが、その聴覚しょうがい児を対象とし勉強の指導を行なっている塾は、全国でも東京に1つしか無く、聴覚しょうがい児は聴児と同じ塾に通わざるを得ないという実態があります。結果的に、塾の講師と意思疎通が十分に出来ずに、結果的に他の耳が聞こえる子に比べて、授業の進捗が遅れるケースや授業の質が保障されないケースがしばしばみられます。日本語での筆談でやりとりをする授業は、両者間での完全な意思疎通をする事は困難であり、またタイムラグも生じてしまいます。
 こうして、大学に行きたくても結局学力的な支援の不足によって大学進学ができず、就職するという悪循環が現在起こっています。
 そこで、今回無償で教育コンテンツを提供している動画に日本語字幕をつけることによって、この慢性的な社会的問題を解決し、より多くの聴覚障がい児に教育を届けたいです。また、今回の取り組みの対象児は聴覚しょうがい児ですが、聴覚しょうがい児のみならず、学習しょうがい児など視覚情報である字幕を必要としている子供は他にも多くいます。今回の取り組みにより、必ず救われるしょうがい児は沢山います。どうか私たちに力をお貸しください。



追記:ここで全体的な進捗状態をご報告させて頂きます。
@deafeducation22
Twitterアカウントです。
taketake22 オーナー: taketake22
普段は手話の講師をしています。 片田舎でのるりくらりと過ごしております。
オーナーについて

プロジェクトについて

何をやるのか

無償でyoutubeにより教育コンテンツを提供している動画に、音声の文字起こしをするソフトを用いて日本語字幕をつける作業です。
 ▼具体的なやり方に関しては、この動画をご覧ください。

https://youtu.be/8W31PN6usro
こちらの方法で、自動生成された字幕を手直しして頂くという仕事内容になります。
もしも、ご不明な点がございましたら、お問い合わせ下さい。

https://dekiru.net/article/14751/
(自動生成された字幕の内容に誤りが多い場合、こちらのサイトにある手動でやっていただく形となります。)

なぜやるのか

現在、日本では、数多くの塾がありますが、聴者を中心として進められているため、ろう児にとっては通塾したくても、教師の話が理解できないため難しいという方が多いというのが現状です。
 ろう児を持つ親御さんとしても、高い費用を支払って通塾させても、コミュニケーション手段の壁により、思うように成果をあげることができないのは、悩ましい問題かと存じます。
 私自身、耳が不自由であり、受験に向けて様々な塾や通信教育を体験しました。しかし、先生とのコミュニケーションが筆談のため、非常に時間がかかり、また動画を見ても字幕がないために、十分に理解できないというもどかしい経験しました。 
 また、新型コロナウィルスの感染拡大により休校が相次いでいる中、多くの学習、研究機関が学習支援サービスの無料開放をしています。
 ですが、そんな中、聴覚障がい児に対する学習支援は手薄であるという実態が起こっています。よって、至急な支援が必要であると考え、今回この取り組みを始めました。
 オンラインを使った双方の教育サービスは、途中で画質が荒くなるリスクも踏まえて聴覚しょうがい児には、動画サービスの方が相性が良いと私は考えました。

どうやってやるのか

B011D699-88BC-4EDC-A0F2-926082484714.png

日本語字幕をつけるには労力が必要となるかもしれませんが、現在では音声の文字起こしをするソフトが出ており、それを上手く活用できれば、箇所を修正するだけになる事もあります。
もしも、修正するところが多い場合、複人数での作業を想定しております。

▼具体的なやり方に関しては、この動画をご覧下さい。

https://youtu.be/8W31PN6usro

頻度/問いません
曜日/個別で連絡をさせて頂きます。予定の合う日を伺えたら幸いです。
時間/動画の尺にもよりますが、30分〜2時間を想定しております。
必要なツール/PCがあると便利です。
進捗状態を見て個別で連絡をさせて頂きます。

どんな仲間とやりたいのか

文字起こしをして下さる方大募集です!

報酬あり※詳細は応募後にご面談等でお伝えさせて頂きます

このプロジェクトに込める想い

私自身、大学受験生だった時に勉強の支援を行うサービスが一つも存在せず、結果的に満足のいく勉強ができなかったという過去があります。


 この取り組みにより、必ず聴覚障がいの教育界に大きな恩恵がもたらされると確信しています。どうかお力添えを心よりよろしくお願い申し上げます。

プロジェクトに参画する

文字起こしをして頂ける方

▼具体的なやり方に関しては、こちらをご覧下さい。

https://dekiru.net/article/14751/




つける動画の詳細に関しましては、個別の面談の際にお伝えさせて頂きます。

決定人数 / 募集人数

57 / 55

広報

難聴児にコンテンツを届けたいため、広報に今後力を入れたいと考えています。
SNS広報の知見がある方を募集致します。
Twitter、Facebookにて運用予定です。

決定人数 / 募集人数

4 / 3

WEBデザインに知見のある方

現在作成中である字幕付けを終えた動画をまとめたHPのレイアウトにご助言頂ける方を募集致します。
(今回の場合、手話を第一言語としている子供も対象としているため、よりデザインの必要性が求められております。webデザイナーがいて下さると大変心強いです。)

決定人数 / 募集人数

3 / 5

グラフィックデザイン

今後教育分野のみならず、聴覚障がい者を取り巻く現状を広報していくために、グラフィックデザイン分野にて協力していただける方を募集いたします。

決定人数 / 募集人数

4 / 5

無償で今回の活動に協力して頂ける方

ボランティアでご協力して頂ける方も募集させて頂きます。

決定人数 / 募集人数

0 / 10

イラストレーター

今後の活動においてイラスト分野にてご協力いただける方を募集いたします。
詳細は個人面談にて話をさせていただきます。

決定人数 / 募集人数

0 / 2

ライター

今回聴覚しょうがい児には教育動画のみならず、実際難聴者やろう者のロールモデルを知るという取り組みも届けます。

そこで、難聴者ろう者のライターを募集致します。
執筆頂きたい内容は主に、“どんな過程を経て難聴者ろう者としてのアイデンティティを確立したか”です。

他にも、勉強法などの記事も作成頂ける方も募集致します。

決定人数 / 募集人数

1 / 5