【学生向け自分探し専門プラットフォーム】学生の”自己理解力”を育てるプラットフォームサービスを一緒に立ち上げません!!?

Line LINEで送る

【学生向け自分探し専門プラットフォーム】学生の”自己理解力”を育てるプラットフォームサービスを一緒に立ち上げません!!?

「Reflection.Lab」は、学生の”自分を知る力”を養うことを目的とした、”若者のための自己理解プラットフォーム”です。オンラインとリアルで学生の自己理解を行うコミュニティを創出し、学生時代に欠けがちな、自分と向き合う時間を提供します。そして、自己理解の普及を通し、自分の人生を思い通りに描ける若者を増やしていきます。

自己分析ツールは世に多々ありますが、このサービスは、ツールに頼るのではなく、自身で考え向き合い、自分で気づいていく力を養うことを重視します。

人生のアーティストとして、一人一人が夢に向かっていける社会を創るため、共に走ってくれる仲間を募集します。

profile image
  • オーナー
  • Seisuke

子どもや若者が夢を持って、自分らしく生きられるような世の中を目指します。

"若者で自己理解を深めるオンラインコミュニティ" や "若者の夢を集め、アクセレーションするSNS" etc..を企画中。

分野:キャリア教育、自己理解、質問力、コミュニティ

オーナーについて

何をやるのか

学生の自己理解インフラ.jpg

学生の自己理解インフラを創ります。

学生の自己理解プラットフォーム『Reflection.Lab』を通じ、学生は自分と向き合い、”自分はどう在りたいのか”、”どう生きたいのか”、”そのために何をしたいのか”、という自分の軸を形成していきます。他からの視点、フィードバックを得て、より自分を見つめます。そして、これからの複雑な時代で輝いていくための自己理解力を養います。

学校教育の中で、自分を見返る機会が極端に少ない学生に、学校以外のコミュニティとつながりながら自分を顧みる場を提供します。

なぜやるのか

学生の自己理解インフラ_背景.jpg

若者が自信を持ち一歩踏み出せる社会を創るためです。

今、若者の大きな不安は「自分に自信がない」「やりたいことがわからない」です。
これらは長らく言われてきましたが、解決が難しい問題です。しかし、自分を深く見つめることで、この課題は解決することができます。自己理解を通して、自分の強みや自分の持っているものに焦点を当て、人生を振り返りながら自分の人生の軸を見つけることで、やりたいことに気づいていくことができます。

ただ、現在の学校教育では、インプットに焦点が当てられ、また、暗記・処理・ルールを重視しているため、学生には、自分の心に目を向けるという機会がほとんどありません。それでは、後々自信が持てず、やりたいことがわからないのは当たり前なのです。

かくいう僕も、昔は好奇心の旺盛な子どもで学校で質問をよくしましたが、それが迷惑だと言われてから、自分を外に出せず自分に自信を持てない学校生活を送りました。
しかし、人生の岐路でたまたま自己理解の素晴らしさに気づき、心のブロックやトラウマと向き合ったことで、今では自分の心に素直に従いポジティブに生きれています。

これからの時代、多くの仕事がロボットに代わられると言われる世の中では、人生を主体的に生きる力が求められます。ロボットと同じ暗記・処理・ルールを教える教育ではなく、主体性の元となる自己理解の力を育むことが必要です。

この先、今よりも確実に自分と向き合わねば厳しい時代となります、だからこそ今、若者が自己理解力を養える環境が求められます。

どうやってやるのか

共に創っていきます。

このプロジェクトに共感してくださるメンバーと対話を重ね、私たち自身がより自己理解を深める過程を経ることで、より良いサービスを追求します。また、このプロジェクト自体が、一つの自己理解コミュニティとして機能することを目指します。
また、実際に高校生や大学生に話を聞きながら、設計を見直し、UIやUXを詰め、2020年内のローンチを目指します。

どんな仲間とやりたいのか

このプロジェクトに共感していただければ、どんな方もウェルカムです。

自信をつけたい方、自己理解を深めたい方もどしどし来てください!

具体的にやることは、スタートアップらしく泥臭い課題調査、UIデザイン、UX設計、メソッドのブラッシュアップ、資料作成、資金調達等々です。

高校生や大学生と繋げられるよ、という方も大歓迎です!

関わり方は問いません!

一緒に素敵な未来を創りましょう!

このプロジェクトに込める想い

”やりたいことがない…” 
一種の社会問題でしょう。また、日本の半分以上の若者は、自分を肯定できていません。こんなにも、自分を好きになれず、未来にワクワクできない人が多いままの世界は素敵ですか?僕は、どんな人にも、いいところがあって、自分の可能性を追求していける、そんな素敵な世界を創りたいです。

子ども達は小学校低学年まではキラキラした目で、未来を語り、自分が何でもできることを信じてやみません。そんな彼らがいつの間にか、目の光を失うのを見たくない。

この「Reflection.Lab」は、人が鏡に映る自分を見るように、自分を客観的に見つめ深めることができる若者を増やすという意味で付けました。

しかし、個人の自己理解には限界があります。鏡に映る前側だけではなく、後ろを見る必要があります。つまり、他からの視点やフィードバックを得て初めて本当に自分が見えてきます。
若者が自分を知ることで、夢に向かっていける世の中を作るには、この「自己理解のプラットフォーム」はなくてはなりません。誰かが作らなければなりません。

ならば、今、僕らの手で創りましょう。

自信を持って生きたい。そんな素敵な夢を持った人々の背中を共に押してあげましょう。

まずは話を聞きにいってみませんか?

プロジェクトに興味があり、まずは話を聞いてみたい場合はこちらから!
オーナーにメッセージを送ることができます。