東京で働きながら地域に貢献する『デザイナー・WEBディレクター募集』

東京で働きながら地域に貢献する『デザイナー・WEBディレクター募集』

東京で働きながら地域に貢献する『デザイナー・WEBディレクター募集』

東京で働きながら地域に貢献する『デザイナー・WEBディレクター募集』

地域をクリエイティブで盛り上げる方を幅広く募集いたします!
千葉県市原市を舞台に、今後以下のような活動がスタートする予定です。

・地域紹介マップの制作
・チラシやポスターの制作
・WEBサイトの制作
…etc.

“のろし”メンバーは全員が都内で会社員をしながら掛け持ちで活動中。
個別説明会を実施いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください!
HiroshiMINEGAWA オーナー: HiroshiMINEGAWA
東京・神田にある小さな印刷代理店で営業職として働きながら、地域活性化に取り組むNPOをやっている、「福業」会社員。 代表を務める「NPOのろし」では、「地域に関わりたい!」という意志ある都内の会社員とチームを組んで、千葉県市原市で古着や廃材のリメイク...

プロジェクトについて

何をやるのか

スライド1.JPG

*団体概要 「NPOのろし」とは

社会にある「いと・惜しい(=もったいない)」モノゴトから、「愛おしい」という愛着を生み出す。
そんな理念を掲げて、自分と社会の幸福につながる広義の仕事 ”福業” を創出しています。

現在の活動内容は、千葉県市原市を中心に、「もったいない」地域資源を活用した地域活性化です。
”福業”として、以下のようなプロジェクトに取り組んでいます。

【アート領域】
・布地のアップサイクル
・木材のアップサイクル
・いちはらアート×ミックス

【不動産領域】
・旧 青年の家の利活用
・古民家「宙」

【まちづくり領域】
・市原鶴舞バスターミナルの利用促進マップ・ポスター等の制作

【企業・団体との協働】
・株式会社パソナ様

【コミュニティの創造】
・スナックのろし
・居酒屋トークライブ

なぜやるのか

スライド5.JPG

▶▶
「惜しい」
これはネガティブな意味を含む言葉かもしれません。
しかし、見方を変えれば「可能性にあふれている」そう捉えることが出来ると思います。
地域には、可能性にあふれた惜しいモノゴトがいくつもあります。


▶▶
「惜しいなぁ。もっとこうなればいいのに・・・」
そう思ったら、まず行動に移してみませんか?私たちが思っている以上に、行動することは難しくありません。
心配ならば、仲間と一緒に行動を起こせばいい。支えてもらえばいい。
頼りたいし頼られたい、そんな仲間が集まれば、きっと一人一人はもっと強くなれると思います。
地域と関われば、地域の方々だって温かく支えてくださいます。


▶▶
「お、ちょっとずつ変わってきた気がする!いい感じだ!」
「惜しい」モノゴトが変わっていくプロセスを目撃したひとは、地域への」愛着が芽生え、その地域自体が「愛おしい」存在になっていくと、私たちは実感しています。
このようにして生まれていった「愛着」の気持ち。
私たちはこれを「いとおしい」という言葉で表現しており、「いとおしい」を生み出してくことを目指して活動しています。


▶▶
もったいないと思う「いと・惜しい」モノゴトから、「愛おしい」という愛着を生み出したい。
それが、私たちの掲げる「いとおしい」という概念です。

どうやってやるのか

IMG_9147.JPG

全員が会社員として企業で働きながら活動しています。
毎月第1・3土曜日の16時~メンバーミーティングと懇親会を行ない、それ以外の日はLINEやSlackを活用してオンラインでのやり取りで活動を進めています。

現在、20~40代の男女約20名がメンバーとして関わっています!

どんな仲間とやりたいのか

スライド5.JPG

「会社員」という社会的役割に縛られず、「会社員+α」という自分らしい生き方を楽しみたい・・・。
そんな仲間と一緒に活動したいと思っています。

正直なところ、団体の現状は、まだ収益を出せるフェーズにはありません。
しかし、お金ではなく、自分のやりがいや楽しみ・・・そういった「自己実現」をする場として、NPOのろしを活用して頂けたら思っています。

このプロジェクトに込める想い

スライド43.JPG

いま、「地域」が注目を集めています
農山村へ農業体験に行ったり、移住をしたり、多拠点で暮らす人も増えてきました

でも、「地域」へ関わることへのハードルは、まだ少しだけ高い気がする
もっと気楽に関われる方法、無いのかな…

のろしは、「会社員」として働きながら地域と関わる方法を模索します
キーワードは、地域の「可能性」

地域の「可能性」を知り、ワクワクする
そのワクワクを、地域の人と一緒に楽しむ

こうやって、少しずつ地域に関わる仲間を増やしていきたい
そんな思いで行なっている事業です

「関係人口」と、NPOのろし

総務省関係人口の図.png

昨今は「関係人口」という概念も注目されています。
地域への愛着を持つ人=関係人口の創出に寄与していけると考えています。

※関係人口とは
移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、地域や地域の人々と多様に関わるひとのこと

ざっくりと、これまでの活動をご紹介!

無題.png

*布・木材のアップサイクル
地域の方から頂いた不要になった着物や、桐たんすの廃材を頂いて、シャツや布草履、木製飾り棚などリメイク品をつくっています

*地域の紹介マップ・ポスター制作
地域にある高速バスターミナルの利用促進を目的に、バスターミナル周辺地域を紹介するマップやポスターを制作しています
(協力:市原市、市原鶴舞IC周辺まちづくり協議会)

*都内でのイベント開催
「地域に関わりたい!」という意思のある会社員が集まり、地域でどのようなことを行なえるかをワークショップ形式で話し合うイベントを、東京駅前にて開催
(協力:株式会社パソナ運営「TRAVEL HUB MIX」)

まずは話を聞きに行ってみませんか?

プロジェクトに興味があり、まずは話を聞いてみたい場合はこちらから。
オーナーにメッセージを送ることができます。

プロジェクトに参画する

どなたでもご応募いただけますが、下記いずれかの条件に当てはまる方を優先させていただく場合がございます。 ・Illustrator等を駆使して、地域紹介マップを制作できる方 ・WordPress等を駆使して、WEBサイトの制作ができる方

地域活性化の団体ですが、それはあくまでも手段でしかありません。 自分が本当にやりたいこと、会社では出来ないことに、地域で挑戦する。 その結果として、地域が活性化したり、自分の人生が充実してくる。 そんな活動を目指したいと思っています。 さあ一緒に、人生の「のろし」を上げませんか?

募集人数

1 / 2

ログインして応募する