閉じる
浅蒸し茶存続のクラウドファンディング残り50%を手伝ってください! 募集終了しました

浅蒸し茶存続のクラウドファンディング残り50%を手伝ってください!

浅蒸し茶存続のクラウドファンディング残り50%を手伝ってください!

浅蒸し茶存続のクラウドファンディング残り50%を手伝ってください!

このプロジェクトは募集終了しました

2020年04月01日 00:00 終了

来年の1月24日の最終日に向けプロジェクトの拡散を手伝ってくださる方を求めています!

既に全国生産量の1%にも満たなくなってしまった「浅蒸し茶」を今の令和の時代で終わらせないためにご協力をお願いします。
budoukikaku_seto オーナー: budoukikaku_seto
普段は空手の事務局に務めながら自身の法人、合同会社武道企画の代表をしています。 今は静岡県の「天竜茶」の認知度を上げるための活動や空手のチャリティーをしています。 その他、カラーセラピストとしても活動をしています。
オーナーについて

プロジェクトについて

何をやるのか

Facebookスクショ.png

現在、緑茶の種類である「浅蒸し茶」のクラウドファンディングをしています。
お陰様でご支援が50%まで達しましたが予断を許さない状況です。
来年の1月24日の最終日に向けプロジェクトの拡散を手伝ってくださる方を求めています!

既に全国生産量の1%にも満たなくなってしまった「浅蒸し茶」を今の令和の時代で終わらせないためにご協力をお願いします。

より多くの方に浅蒸し茶を届けるために達成金額に達しただけでは僕の利益はゼロで設定をしているため手伝って下さる方も基本的にボランティアでお願いする形になります。

僕自身もTwitterやFacebook、YouTubeを通じて拡散活動を行っていますがほぼ独りで行っているため拡散力に限界が来ています。
既にご支援頂いている方々の為にもプロジェクトを達成させなければなりません。
どうか、皆様のお力を貸してください!

なぜやるのか

畑画像.jpg

僕の祖父が東京でお茶屋さんをしていたこともあり、日本茶に対して普通の方より少しお茶に対しての思い入れが強くあります。
そんなおり、お茶農家さんに詳しい友人から「浅蒸し茶」というお茶の現状を聞ける機会がありました。

お茶農家さんの現状を友人から教えてもらう中で、「実際に農家さんと話をしてみたい」と思い、今年の一番茶がひと段落した時期を見て、現地で直接お話を伺ってきました。

そこでお話しさせていただいたのが、静岡県浜松市天龍地区でお茶の生産をされている「有限会社カネタ太田園さん(太田さん)」でした。太田さんと直接お話しをしてみると、お茶への愛情がとても強く、苦労を惜しまず、我が子のようにお茶を愛している方なんだと強く印象に残りました。

ご本人からはとにかく、「美味しいお茶」を日々追い求め、外が暗くなり畑仕事ができなくなるまで、毎日茶畑に心血を注いでいる熱意や、1人でも多くの方に「天竜茶」を知ってもらいたいという想いを伺わせていただきました。ひと段落したところで少し困った笑顔を浮かべ「でも、作るのはできるんだけど売るのは得意じゃないんだよな。」との言葉を聞きました。

茶葉を乾燥させる機械に技術革新が起き、深蒸し茶がより作りやすい環境になってから、深蒸し茶は、名前の通り蒸し時間を長くすることで味の均一化がしやすく、大量生産に向いていたため、深蒸し茶を作る農家さんが増えていったそうです。

現在では、浅蒸し茶を作る農家さんはほぼいなくなってしまい、存続の危機に瀕していると聞きました。ちなみに浅蒸し茶を作る機械は、農家さんが圧倒的に少ないことからオーダーメイドでないと機械が作ることができず、機械のメンテナンスや故障した時の復旧に関しても、大きなお金がかかってきてしまいます。

それでも、純粋に「美味しいお茶」を作ることに人生をかけている農家さんのお茶を、このまま黙ってみていることはできないと思い、今回のプロジェクトを立ち上げました。

どうやってやるのか

7866.jpg

現在、既にクラウドファンディングを立ち上げご支援を募っている状態です。
ですので、立ち上げ期間などの大変な時期は過ぎているので気軽に参加できます。

ご協力いただける方にはSNSのヘッダーに使える画像やお茶の写真などをお送りさせて頂きます。
SNSのプロフィールに「浅蒸し茶存続プロジェクト支持者」などこのプロジェクトに関係している内容の記載をお願いします。

最初のSNS投稿サンプルはこちらでご用意させて頂きますので、そのまま使っていただいても大丈夫ですし、ご自身でアレンジしていただいても大丈夫です!

SNSや口伝でこのプロジェクトを拡散していき一人でも多くのご支援を頂くことで浅蒸し茶生産農家さんの力になっていきます。

実際のページはこちらです。
https://readyfor.jp/projects/tenryu-tea

ページへの来訪者ですが、初日は多かったものの今では1日10名前後となっておりまずはページを見てくれる方の数をテコ入れする必要があります。

とにかく「浅蒸し茶存続プロジェクト」に興味を持つ方を1人でもプロジェクトページに案内したいです!

どんな仲間とやりたいのか

7864.jpg

このプロジェクトは農家さんの収入とクラウドファンディング手数料(READYFORフルサポートプラン)、リターンの送料を最優先し、とにかくプロジェクトを成功させることのみに特化させているため目標額の40万円に到達しても僕の利益はゼロ円です。

そのため、心苦しいのですが拡散をご協力して下さる方に報酬をお支払いすることができません。
活動に共感していただきボランティアでもいいというかたは是非、そのお力を貸してください!

・このプロジェクトに共感してくれた方
・浅蒸し茶に興味を持ってくれた方
・お茶が好きな方
・日本文化が好きな方
・クラウドファンディングに興味のある方
・これから初めてクラウドファンディングに挑戦する方
・なんとなく楽しそうと思ってくれた方
・TOMOSHIBIで何かに参加してみたい
などなど、プロジェクトページの拡散がメインなので気軽に参加できます!
これからクラウドファンディングに挑戦される方なども一つの経験として如何でしょうか?

このプロジェクトに込める想い

山画像.jpg

プロジェクトのリターンにさせて頂いている静岡県の浅蒸し茶生産農家さん「太田さん」の畑は写真のような山の中にあります。
太田さん達、山でお茶を作る農家さんは山の管理なども実費で行い天皇杯や数々の賞を受賞する日本最高峰のお茶を作っています。

美味しい浅蒸し茶を作るには生の茶葉の状態が良くないと作れません。
そのため毎日、額に汗を流し日が暮れて真っ暗になるまで畑仕事をして美味しいお茶を皆様に届けられるよう何十年も努力を重ねています。

そんな素晴らしい農家さんやお茶、文化をこの令和に生きる我々の世代で潰えさせてしまうのは何としてでも回避しなければと強く思っています。

1人でも多くの方に「浅蒸し茶」の魅力を知ってもらいこれから先も日本を代表するお茶文化と共に浅蒸し茶を残していければと思います。

プロジェクトに参画する

SNSやリアルでの拡散活動にご協力いただける方

SNSやリアル(オフライン)でプロジェクトページの拡散活動をしていただける方を求めています。

このプロジェクトは農家さんの収入とクラウドファンディング手数料(READYFORフルサポートプラン)、リターンの送料を最優先しているため目標額の40万円に到達しても僕の利益はゼロ円です。
そのため、心苦しいのですが拡散をご協力して下さる方に報酬をお支払いすることができません。
活動に共感していただきボランティアでもいいというかたは是非、そのお力を貸してください!

決定人数 / 募集人数

0 / 30

コアメンバーを求めています!

このプロジェクトはREADYFORフルサポートプランで行っているため、週に1度のペースでREADYFORの担当者と電話打合せをしています。

その打ち合わせに参加いただいたり、ご支援者を集める活動をより本格的にご協力いただける方を求めています。

このプロジェクトは農家さんの収入とクラウドファンディング手数料(READYFORフルサポートプラン)、リターンの送料を最優先しているため目標額の40万円に到達しても僕の利益はゼロ円です。
そのため、心苦しいのですが拡散をご協力して下さる方に報酬をお支払いすることができません。
活動に共感していただきボランティアでもいいというかたは是非、そのお力を貸してください!

決定人数 / 募集人数

0 / 3