閉じる
ITで社会課題にコレクティブインパクトを!
STOプロジェクトのコミュニティ運営に携わってくれる方募集 仲間集めに挑戦中

ITで社会課題にコレクティブインパクトを! STOプロジェクトのコミュニティ運営に携わってくれる方募集

ITで社会課題にコレクティブインパクトを!
STOプロジェクトのコミュニティ運営に携わってくれる方募集

ITで社会課題にコレクティブインパクトを! STOプロジェクトのコミュニティ運営に携わってくれる方募集

私たちの身の周りや見えない世界中には、さまざまな社会課題があります。

一方、同じように、課題の解決を目指し、困難に寄り添うや人たち(NPO)もいます。共鳴し合い、広がり続けています。

ですが、多くのNPOは投資経験の無さもあり、テクノロジーやITの活用が課題解決に役立つ創造が出来ずにいます。

「必ずしも市場で解決できるとは限らない社会課題の解決や改善にむけて、もっとテクノロジーやITは貢献することができる」

Code for Japanは、そう考え、CTOから着想を得てソーシャル・テクノロジー・オフィサー(STO)という職業を創出することにしました。
sto-office@code4japan.org オーナー: sto-office@code4japan.org
私たちの身の周りや見えない世界中には、さまざまな社会課題があります。 ですが同じように、課題の解決を目指し、困難に寄り添うや人たち(NPO)もいます、共鳴し合い、広がり続けています。ですが多くのNPOは投資経験の無さもあり、テクノロジーやITの活用が...
オーナーについて

プロジェクトについて

何をやるのか

original (1).jpg

社会課題解決にIT活用を推進するため、社会課題解決に取り込むNPO等団体とエンジニアを、ソーシャルテクノロジーオフィサー(STO)として、マッチングする。

なぜやるのか

社会課題の解決を目指し、困難に寄り添うや人たち(NPO等)は、多くの場合、テクノロジーやITを十分に活用できていません。

そのため、いざシステム導入を検討する場合に、何をして良いのか、どのような人材を採用してよいのか、情報を得ることが難しく、結果としてシステム導入に失敗してしまう事例が少なからず発生しています。

そんな現状を打破したいと考えています。

どうやってやるのか

IT導入を検討しているNPO等と一緒に、フィールドワーク(※)を設計し、そのフィールドワークをエンジニアに向けに広報し、マッチングをおこないます。
また、フィールドワーク中に発生した問題についても相談に応じたりしています。
※2~3カ月の間、NPOの現場でSTO候補のエンジニアが実際の業務を想定しておこなう活動

その他、以下も実施しています。
・NPO等団体のITリテラシー向上を目的としたワークショップ
・エンジニアの社会課題リテラシー向上ワークショップ
・STO候補者、NPO等、社会課題解決のためにIT活用したいという同じ志を持った人たちのコミュニティを運営

どんな仲間とやりたいのか

社会課題に興味のある、もしくはITを通じて社会貢献したい方を募集します。
学生インターンまたは社会人プロボノ大歓迎です。

既存メンバはフラットな体制で、一般企業に勤める会社員もいます。
プロジェクトではメンバの意欲をかう雰囲気があり、自身のスキルによらずこれまでやったことのないタスク(私の場合は広報や営業)についてもどんどん挑戦することができます。

このプロジェクトに込める想い

medium_cad7a44288-member_support_recruiting_76086_sub1.jpg

第三回ワークショップを終え、STOプロジェクトでは、今後の拡大を見据えて始動しました。
今後、多くのNPO等がIT導入を進めていくと見込まれる状況において、より多くの団体が円滑に、効果的にIT導入を行い、社会課題の解決を促進できるよう、STOプロジェクトを盛り上げていきたいと思っています!!

まずは話を聞きに行ってみませんか?

プロジェクトに興味があり、まずは話を聞いてみたい場合はこちらから。
オーナーにメッセージを送ることができます。

プロジェクトに参画する

STOコミュニティを盛り上げてくれる、コミュニティ運営者

以下活動をメインで担当頂きたいです。
・STOコミュニティ醸成
・広報
・STO候補者やNPOとのコミュニケーション、問い合わせ対応
・交通費、謝礼金等の会計

多数のNPO、社会課題解決に関心のあるエンジニアと繋がれる機会を得られます!

決定人数 / 募集人数

0 / 1

ログインして応募する

より多くのSTO創出に向けた、企画・運営メンバー

・STOマッチングに向けた、NPOでのフィールドワーク企画、運営
・STOスクール(ワークショップ)企画、運営
・STO候補者やNPOのネットワーキング

決定人数 / 募集人数

0 / 3

ログインして応募する