これからの時代を生き抜く子ども達に"おかねの教育"を広めたい!

これからの時代を生き抜く子ども達に"おかねの教育"を広めたい!
エリア:
カテゴリ:
Line LINEで送る

これからの時代を生き抜く子ども達に"おかねの教育"を広めたい!

一緒に子ども達への"おかねの教育"を広めてくれる仲間を募集します!現在はKid's Money Schoolとしてイベントを月2回行い、4〜10歳のお子さんとその親御さんを中心に展開しています。

profile image
  • オーナー
  • komori.

1994年3月15日生まれ。神奈川県出身。都内で保育士として働く中で、仕事以外でも子ども達と関われる場を作りたいと想い、パラレルキャリアで2018年7月からKid's Money Schoolのアシスタントとして活動を始める。

オーナーについて


▼Kid's Money Schoolとは

  家庭教育、学校教育では限りのある"おかねの教育"について実体験を通して自然に学べる場です。

Kid's Money Schoolについてはこちら!
https://kids-money.com/





現在中心に行っている4〜10歳対象のイベントでは約1時間半の時間の中で
"そもそもおかねってなに?"
"どうやってもらえるの?"
について答え、その後実際に
"お店屋さんごっこの1日店長"
として自分が時間通りに一生懸命作った商品を売り、おかねを稼ぐ体験をします。



 又、せっかく身に付けた金銭感覚がその場の体験だけで終わらないよう、子ども達がワークをしている時間を使って親御さんにも"お小遣いの考え方"セミナーを行います。

▼なぜそれをやるのか

 日本の金融教育の遅れに対するアプローチとして、『おかねやものを大切にすること』『働くことの価値』『働いてくれる人への感謝の気持ち』を子ども達が自然と学べる場所を作ることが目的です。


▼プロジェクトに込める想いとその原体験

 小さい頃、"おかねは銀行から出てくるもの"だと本気で思っていました(笑) スーパーへ行けば"おかねとさえ交換すれば何でも自分のもの!"とさえ思っていました。そんなわがままっ子時代に、おかねやもの、働くことの大切さをしっかりと教えてくれる場所があったら、全く違う子に育っていたでしょう。

 小学校から大学へと進学する中でも、なかなか教えてくれる場はありませんでした。親が一生懸命働いていることだけは知っていましたが、本当に理解するのは難しいですよね。高校生の頃、アルバイトを通してやっと"働いて得られるもの"という実体験をしました。

多くの方がそうなのではないかと思います。

 そんな想いが漠然とある中でKid's Money Schoolと出会いました。

 イベントの最後に、子ども達がお家の方へいつも働いてくれている感謝の気持ちを込めて「ありがとう」とみんなで伝える場面があり、何度見ても感動します!
 



▼こんな世の中、社会にしたい


沢山の「ありがとう」で溢れる世界!


▼今後の具体的な活動

Kid 's Money School東京は2018年7月から月2回程イベントを開催しています。更に今後首都圏の子育て世代を中心に広めていきます。

イベントスケジュールはこちら↓

https://m.facebook.com/tokyokidsmoney/


▼こんな人に仲間になってほしい

 この想いに興味し、"いいね!"と思ったらシ
ェアして下さる方。パラレルキャリアに興味がある方。子ども、教育に関して何か"こうなってほしい!"という想いのある方。

▼最後に伝えたいこと

最後までご覧いただきありがとうございます!

 そろそろ次世代を担う子ども達に
 何を残していけるのかを
一緒に考えていきませんか??


まずは話を聞きにいってみませんか?

プロジェクトに興味があり、まずは話を聞いてみたい場合はこちらから!
オーナーにメッセージを送ることができます。