閉じる
『わくいふ』(わくわくらいふ) 募集終了しました

『わくいふ』(わくわくらいふ)

『わくいふ』(わくわくらいふ)

『わくいふ』(わくわくらいふ)

このプロジェクトは募集終了しました

2020年09月29日 23:22 終了

「大人も子どももわくわくできる社会」に向けて、『わくいふ』というコミュニティをつくり、大人も子どもも"わくわくすること"を学び、実践できる場をつくり、全国に仲間を増やしながら広げていきたいです!
それぞれが自分自身の、身近な人の、そして誰かの"わくわく"のために、安心してもやもやしたり、一歩踏み出してみることができるようなコミュニティをつくります。
shinchan.812 オーナー: shinchan.812
大人も子どもも安心してわくわく社会になったらいいなぁという想いから、教育やキャリアの分野で活動しています。『わくいふ』という団体の代表もしています。
オーナーについて

プロジェクトについて

何をやるのか

スクリーンショット 2020-07-30 21.09.47.png

大人も子どもも自分たちなりの"わくわく"を考え、応援し合ながらチャレンジできるコミュニティや、"わくわく"のきっかけにようなコンテンツをつくっていきます!
主にやっていきたい活動の四本柱は以下の通りです。
①イベント…誰かのやってみたいことを実現させつつ、似ていたり違ったりないろんなメンバーと交流する
②ワークショップ…自分の"わくわく"を探してみたり、向き合ったり、次の一歩を考えてみたりする
③メディア…次の誰かの"わくわく"のために、チャレンジなどを発信するコンテンツをつくる
④部活…好きなことでメンバーとつながったり、やってみたいことを試してみる
オンラインで上で全国のメンバーが各地で繋がり、たくさんの人が安心して関われる場をつくっていきます。

なぜやるのか

24991100_1655931567762404_3099385754370249438_n.jpg

最初のきっかけは、見てきた子どもたちの自己肯定感の低さに課題意識を感じて、学習塾の講師をしていたときでした。子どもたちに「好きなように生きなよ。やりたいことやりなよ。」と言っていたものの、急に「あれ!?そんな偉そうなこと言ってる自分はそんな生き方できてんのか…!?」と不安になったことでした。
周りの大人たちも「夢を持つことは大切!」と言いながらも「そんな夢みたいなこと言ってないで、どうせ無理なんだからやるべきことやりなさい!」なんてことも平気で言っていて、大きなもやもやを抱きました。

良くも悪くも未来が明確でない現代、"わくわく"も"しあわせ"も『正解』があるわけではないので、それぞれが探して進んでいくことになっていきます。

子どもたちが「早く大人になりたい!」と思ってもらえるように。
たくさんの大人が「大人って楽しいぞ。」と伝えていくために。
そしてそれぞれがお互いの"わくわく"を大切にしながら応援し合うために。

一人ひとりが自分なりの"わくわく"を、安心して"もやもや"考えながら、一歩踏み出してみられる場をつくっていきたいです!

どうやってやるのか

orIPYNO2.jpg

①コミュニティ・コンテンツづくり
これまでは、柱としたいイベント、ワークショップ、メディア、部活をそれぞれ少しずつやってきました。
今は、SlackとZoomでオンラインのコミュニケーションをメインにしながら、交流したりコミュニティ内でイベントを催しています。
今後はそれぞれを進めて、コミュニティの規模を大きくしたり、外部の人も巻き込んだりしながら、よりたくさんの人の"わくわく"のきっかけをつくっていきたいです!

②事業化チャレンジ
また、これまで単発のイベントやワークショップは有料のものもありましたが、コミュニティへの参加や身内のイベントなどは無料で、運営もボランティアでゆるーくやってきました。今後は、もちろんコミュニティ内は安心して過ごせる場を作りながらも、事業化できる部分を考えながら、運営もチームでアツく楽しくつくっていきたいと思っています!

どんな仲間とやりたいのか

picture_pc_142a273da283dbf1fb9b5b2f0ba06564.jpg

一緒に『わくいふ』をつくっていってくれる運営チームのメンバーを募集します。
次の3点を大切にしていただける人と一緒にやりたいです!
・クレドを大切にできる人(Valueは上記の画像参照。Mottoは下記の通り。)
・コミュニティを一から創ってみたい人
・描いた理想を実現させていくために主体的に動ける人

【Motto】は、
・自分の人生に主体的に。かつ、わくいふにも主体的に。
・やりたいことも、やれないことも、オープンに。
・みんなで「どうすれば?」を考える。
・それぞれが、自分のわくわくの可能性に向かってみる。

ぜひ、共感して想いを持っている方は応募にも一歩踏み出してください!

このプロジェクトに込める想い

9aae5eddb8e33be15539adbac87365d4_m.jpg

まずは自分自身が、"わくわく"に向けて一歩踏み出すこと。
そして、他の人も"わくわく"に向けてきっかけをつくって同士を増やすこと。
それが、描いた社会や夢見ている未来に、繋がっていくと信じています。
誰もが、そしてできるだけたくさんの人が、安心してそんな一歩を踏み出せるようにすることで、子どもたちも踏み出せるようになっていくはずです。
もやもやしながらでも、不安を抱きながらでも、大丈夫です。
みんなで踏み出していく背中を見せていける大人を増やしていくために、一緒につくっていきましょう!

プロジェクトに参画する

わくいふ運営チームメンバー

コミュニティメンバーとして楽しんで参加してもらいながら、コミュニティづくりや、内外それぞれへのコンテンツづくりを行っていきます。
・月に一度、チーム全体でミーティングがあります。(できるだけ参加してほしい)
・その他同じものをつくる小さなグループに分かれてのミーティングもあります。

四本柱(イベント、ワークショップ、メディア、部活)のどこかに関わりつつ、チームの一員としてコミュニティづくりでも、メディアづくりでも、場づくりでも、経験のあるなしに関わらず、運営でもわくわくできるようなやってみたいところにチャレンジしてもらえたらと思っています!

決定人数 / 募集人数

2 / 39