子育て中の母親をサポートするシェアリングエコノミーwebプラットフォームを作りたい!

子育て中の母親をサポートするシェアリングエコノミーwebプラットフォームを作りたい!

子育てする母親を不安やストレスを経験し、そして正しい知識を得、愛情を持って子育てをする。 これが子供の自己肯定感の促進となります。 母親の愛情が子供の心を育てるのです。絶対に間違いありませ。 ビジネスモデルをweb上に公開していますので、そちらも併せてご覧下さい。 https://peraichi.com/landing_pages/view/mamanosenaka

プロジェクトオーナー

profile image
ユーザーネーム
ぐっさん

20歳の頃俳優を志し、東京へ上京。 そこで役者として自主制作映画を制作。 この時映像制作の面白さに魅かれ、28歳の頃裏方に転職。 制作会社に勤務、個人でも作品を制作する日々。 諸事情があり大阪に戻ってからも映像の仕事を続ける。 紆余曲折を経て、教育系企業の広報部で映像をメインに担当。 子供たちをサポートする為、日々「子供にとって大切な学び」とは何か、人生最初の学びとはいつの時期なのか。 こういったことを日々考えるうち、1つの結論を導き出しました。 ​ 幼児期・幼少期の親、特に母親からの愛情、これが子供にとって最初の学びであり、教育なのです。 ​ 大人になってからも学ぶことの重要性を感じてほしい、今以上に社会の課題を見つけ出し、解決へと導いてほしい。 そのためには、小さい時から「知りたい」という欲求の土台を身に付けることがとても重要なのだということに気付きました。

▼ママノセナカとは

子育て中の母親と、保育士・保健師・栄養士・カウンセラーなどの専門家とをつなぎ、気軽に悩みを相談できるCtoCマッチングプラットフォームの提供。
近年では個人間でのスキルや物・空間のシェアや売買を「シェアリングエコノミー」という総称で呼ばれています。
Uberや民泊もシェアリングエコノミーに入ります。

※シェアリングエコノミー協会も存在し、政府でもシェアリングエコノミー促進室を発足させています。
https://cio.go.jp/share-eco-center

お子さんがいるご家庭では、旦那さんが仕事で外出の時は母親が一人で子守り・子育てをしていますよね。
特に幼児期・幼少期のお子さんなら外出もそう簡単にはできないのが実情です。
このサービスは、「自宅にいながら、気軽に、かつ簡単に子育ての相談ができる」ことを重要視しています。

プラットフォーム上で気になる専門家にコンタクトを取り、悩みを相談したいと思える人かどうか、やり取りを行います。
相談を受ける側の専門家を「サポーター」、子育て中の相談したお母親を「ユーザー」と呼称しています。
「この人と相談してみようかな」と思えたら相談方法や日時を指定してサポーターに相談料金を支払います。
相談方法はお互いが納得のいく方法で行います。
ライン・電話・メール・ビデオ通話などのツールで都合の良い日時に相談を行いいます。(それ以外もお互いが合致していればOK)
自分の時間がなかなかとれない子育て中の母親の為に、気軽に、かつ簡単に利用して頂くことが大変重要です。



▼なぜそれをやるのか

理由1
子供が産まれた時の妻の負担
私は結婚していますが、まだ子供はいません。
子供ができた時、私が仕事で外に出ている時は妻が子守をすることになると思います。
妻が家に子供と二人きりだと、外に気軽に行けない、相談にいけない、といった家からあまり出られないことが多々あると思います。幼児期は特に。
この理由は恐らく考える人はそれなりにいるのではないでしょうか。しかし、この解決策を見つけられない方が大多数だと思います。

理由2
人生最初の教育とは現在私は教育系企業で働いています、講師ではなく広報部所属です。授業や子供と接する機会も多々あり、勉強して日々成長していく姿も多く見てきました。
多くの方はこう感じると思います。

受験に合格して志望校に合格、努力は必ず報われる。そんな成功体験を感じられることが大切。

この点については大いに賛成です、成功体験は人生の糧になります。
しかし、私が考えたことはまた違う視点です。

疑問に思い、問題や課題を見つけ、仲間と連携をとりながら解決していく。
本当の意味で考えられるようになるのだろうか、ということです。
もちろん学校や塾、周りの人間と出会うことで考えられるようになりますが、

そのスタート、つまり、そんな思考が芽生えるのは人生でいつなのかということです。

私が行きつきた結論は、「親からの愛情」という刺激です。

「自己肯定感」という言葉をご存じですか?

自分は愛されている
自分は必要とされている
自分はいていい存在なんだ

と、子供自身が感じること。
これが疑問に思う気持ちや好奇心、追求したくなる心を成長させます。その心の土台を持った状態で
塾や学校でさらに知識を得ることで様々な問題に挑めるようになるのではないでしょうか。

重要なことは、
母親が安心し、そして子育ての正しい知識を得ることで、子供の自己肯定感を育めるのではないかと
考えました。



▼こんな世の中、社会にしたい
今以上に、自分で考え、課題を見つけ出し、周りを巻き込みながら解決できる。
言われたことだけをやるのではなく、自分から情報を発信できる。
そんな人が増えたら、社会は大きく変わるのだと思います。

このサービスで社会に直接インパクトを与えるのではなく、インパクトを与える人を増やす。
その為にはまず、母親にフォーカスを当てる必要があると思っています。


▼今後の具体的な活動
現在β版まで出来ています。

https://mamanosenaka.com/

私は普段は会社員をしているので、活動は平日の夜、週末の活動になります。

最初はスモールビジネスからはじめ、将来的には法人格も取得予定です。
その為、参画頂いた最初は開発費用など、あまり出せない状況です。申し訳ありません。


▼こんな人に仲間になってほしい
対象:エンジニア(プログラマー)

社会を変えそう、面白そう
と言うよりは、母親サポートや子育て支援に関心のある方を求めます。

ビジネスモデル公開しています。
https://krukkuzak.wixsite.com/mamanosenaka/mamanosenaka/

〜〜〜〜
現在webサイトはβ版の状態です。
元々開発いただいた方がいたのですが、この方が別の仕事が入りwebサイト開発に時間を費やすことが難しくなりました。
その為、途中ではありますが引き継いで開発をお願いしたいというのが実情です。
〜〜〜〜